高齢者住まい事業者団体連合会 届出公表制度 届出のお知らせ

2020年11月から公開がスタートしました、高齢者住まい事業者団体連合会(高住連)の 事業者届出公表制度に届出をしました。 公表制度の目的は以下の通りです。
弊社はこの行動指針に基づき信用あるご紹介を行ってまいります。

【 目的 】
入居検討者やその家族、ケアマネジャーや医療機関にとって、高齢者向け住まいの相談先の参考となるよう、高齢者向け住まい紹介事業を行う事業者(紹介事業者)の一覧を公表するとともに、紹介事業者の相談・紹介の質を高めることを目的とします。

【 行動指針 】
高齢者向け住まいの相談・紹介にあたっては、入居検討者の心身の状況や希望に沿って、その方にとってのふさわしい住まいや暮らし方を公正・誠実に提案し、利用者にとってのベストマッチが実現されることを目指します。

【 遵守項目 】
(1) 紹介事業者は、入居検討者に対し、地域の高齢者向け住まいの一部から紹介している場合には、その旨(すべての高齢者向け住まいから紹介しているわけではないこと)を説明します。

(2) 紹介事業者は、高齢者向け住まいと、紹介手数料の支払いルール(紹介案件の有効期間、短期契約終了時の手数料返金、複数の紹介事業者からの紹介重複時の取り扱い)を明確にします。

(3) 紹介事業者は、個人情報保護の指針を定め、個人情報保護の取組みを行います。

(4) 紹介事業者は、苦情が発生した場合に、その解決に努めます。

(5) 紹介事業者は、介護保険法その他の法令を遵守します。

(6) 紹介事業者は、反社会的勢力でないことを表明します。

高齢者向け住まい紹介事業者届出公表制度 届出証明書

  

前の記事へ

一覧へ戻る